株式相場が上昇しているときの資産運用のポイント

株式相場が上昇しているときの資産運用では、将来的な値下がりリスクも考えて、慎重な姿勢で投資対象を絞り込む必要があります。業績が安定している銘柄や公益性が高い企業の株式であれば、株価の大きな変動は少ないために安心して買うことができます。しかしすべての資金を株式に投入すると、値下がり時に積極的に買うことができなくなります。したがって金融資産の1割程度は現金で保有して、暴落時に備えるのが理想的です。また株価の暴落は予測が難しいので、継続的に積み立て投資を行うスタイルも魅力的です。インデックスファンドであれば月々一定額を買い付けることができるので、資産運用のビギナーにも適しています。一方で将来的に業績の向上が期待できる銘柄を発掘して、株価が5割程度上昇した段階で売却する手法もあります。経済に関するニュースや相場状況をチェックしながら、臨機応変に株式や投資信託の取引を行うのが、収益性を高めるコツです。http://www.itolosa.co/tudo-barai/