宇宙素地放散とビッグバンなどについて勉学

宇宙などについて探究をしました。波長が現れる前の少ない波長の光は高熱の物体から放射されたものであるから、計測された3K宇宙道筋放散は遠方にいる高熱の天体からの放散であると考えられます。遠方に居残る天体からの光は、はるか昔に放出されたものであるので、宇宙の推進も考えると宇宙の早期は高熱のちっちゃな火の玉宇宙であったことを示しています。宇宙は約137億階級前に大爆発(ビッグバン)を齎し、推進をはじめたと考えられ、これをビッグバン標本といいます。遠くの天体ほど古くさい姿を見せていることになります。宇宙では遠方の天体は、そこから地球に光が到達するのにかかる時間だけ過去の外見を示しています。宇宙開闢から30万階級までは、光は自由にはたらく電子に頻繁にぶつかって直進できませんでしたが、後自由にはたらく電子が消え去り光が直進できるようになりました。これを、宇宙の晴れ上がりといいます。知らないことを知れて良かったと思います。http://www.doctoraalisa.com/