とても大きなダメージをうけた、数年風の花火ビッグイベント。

今日は地元のそれぞれと数年ぶりに花火フェスティバルへ出向いた。地元の人物では随分有名で、大きな花火フェスティバルです。
友人の兄のオフィスが花火フェスティバルの相棒をやるという結果、一時催し物での拝観切符をこちらまで貰うことができた。
花火の燃えカスが落ちてくるのではないか・・・という無念をしてしまうほど花火との隔たりが近かった。
思いっ切り近くで花火を観たのは何とかであった結果、ほんとに心拍した。展望に入りきらないほどのでかい花火。そして花火の大きな音質と、きれいな灯に体調度包み込まれる、飲み込まれるような五感になり、思い切り不思議な気持ちになった。
19チャンスから21チャンスまで行われていた花火フェスティバルだったのだが、初めての五感に酔いしれていたらたったの5分け前で終わってしまったかのように感じた。

夏は暑くてジメジメするし虫もいるし、苦手なピークであった。しかし夏季でしか味わえない良さもあり、夏季も良いな、と思った一年中であった。
そして常に真上を向いていたため、明日に首を痛めてしまったのもまた、よろしい日記です。
来季はぜひとも妻を作って妻と一緒に、感心を味わいたいものである。お嬢様酵素売り場